老若男女に愛されるDIY

壁紙を変えるってどうやるの?

トイレの壁紙を変えてみたいけれど、これまでに手をつけた事が無いのでどんなステップで行えば良いのかわからない。または賃貸住宅なので勝手に壁紙変更をして良いのか迷っているなら、まずは貼り方を学びましょう。
前準備としてペーパーホルダーを外し、トイレの栓を閉めます。タンクのフタの辺りにナットがあるので、それを緩めるとトイレと壁に隙間が出来ます。
準備が出来たら壁紙を貼っていきます。何も無い壁の面から貼っていき、タンクの部分は隙間があればそのまま壁紙を通せば良いです。
隙間が無い場合は少しずつ切り込みを入れながらハケを使ってキレイに馴染ませていきます。全体的にハケで馴染ませれば完成です。賃貸の場合はマスキングテープを貼った上で、壁紙を重ねていけば既存の壁紙を傷めません。

一面だけ壁紙変更するとどうなるのか?

全体的に貼りかえるのはハードルが高い、またはそこまでしっかり出来るか不安であればまずは一面のみ貼りかえるのもおすすめです。
一面だけ貼りかえる事でアクセントになり、トイレに立体感が生まれます。トイレの奥側を貼りかえれば奥行が生まれ、トイレが広く感じられます。側面を変更するとシックな印象になりまるでホテルの様なイメージになります。
ややハードルは高くなりますが、天井の壁紙を変えれば天井が高く感じられ開放感が味わえます。
簡単に印象を変える事が出来ますし、自分のペースで一面ずつ貼りかえていくのもよいです。この場合は壁紙を本来の壁の色と正反対の色にするとアクセントが強くなり、同色に近づけるとふんわりしたイメージになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る